6月5日は環境の日です

 

1972年6月5日ストックホルムで開催された「国際人間環境会議」を記念して定められました。

国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めています。

 

国内外様々な取り組みがありますが、八千代市での取り組みをご紹介します。

 

環境保全に対する基本目標・方針そして、目標を達成する為に行う取り組み

「自然と人のくらしが持続的に調和するまち〜次世代に、快適な環境を継承するために〜」

を環境の基本目標としています。

持続可能な循環型社会を形成するため、

 

  • あらゆる政策に「環境」の視点を取り入れる
  • 職員一人ひとりが計画の実践を通して環境保全意識の向上を図りながら取り組みを推進すること
  • 市民・事業者による環境保全行動を推進する取り組みを推進する

 

これを、基本理念として掲げています。

 

この、基本目標「自然と人のくらしが持続的に調和するまち〜次世代に、快適な環境を継承するために〜」を実現する為に4つの基本方針を掲げています

 

  1. 持続可能な循環型のまちをつくる
  2. 安心・安全な生活環境を保全する
  3. 自然と共生するまちをつくる
  4. 市民・事業者とともに実践する

 

この基本方針に沿って、以下の内容を取り組むとしています。

(1)自らの環境負荷を低減させる取り組み

①電力・燃料の消費及びごみ焼却等に伴う二酸化炭素等温室効果ガス排出量の削減

②4R(リデュース・リユース・リサイクル・リフューズ)の推進

③水資源の節減

④グリーン購入の推進

⑤公共施設における再生可能エネルギー・省エネルギー設備の導入・利用の促進

 

(2)地域の環境保全・創造に向けた取り組み

①生物多様性保全の推進

②地球温暖化対策の推進

③地球環境にやさしい人づくり(環境学習)の推進

(3)環境関連法規制及びその他の要求事項を遵守するとともに、環境汚染の予防に努めます。

(4)環境方針及び環境への取り組み等を環境活動レポートとして取りまとめ、全職員に周知すると共に、広く一般にも公表します

※令和元年版 八千代市の環境より
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/123500/page100095.html

 

 

 

八千代市で活動する環境保全をカテゴリにしている団体数は、34。(やちよ市民活動登録団体数より)活動が気になる、一緒に活動してみたい方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。以下やちよ市民活動サポートセンターより見てみる事ができます。

やちよ市民活動サポートセンターより

 

 

地球環境に貢献し、サスティナブルな社会実現を目指す会社が八千代市にはあります。『WAcKA』という会社です。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ごみを削減しています。ぜひご覧になってみてください。

WAcKA

 

人間は自然環境がなければ生きていけません。しかし、地球上では環境破壊につながる様々な問題が生じています。生きて生活をしている中で、環境に関わっていない人はいません。ぜひ、「なぜ環境問題が重要なのか」を今日の『環境の日』をきっかけに、ぜひ考えてみてみるのもいいのではないでしょうか。

An baton